Entries from 2009-08-04 to 1 day

random walk

より、 偏りのないコインを投げつづけよう。ここで、「偏りのない」とは、「表」と「裏」が等しく0.5の確率で出る事を意味している。投げるごとに、表がでたか裏が出たかを記録する。それぞれの回数はどのように増えていくのだろうか?たとえば、ある時点で…

2次元random walk

前のエントリを2次元に拡張したもの。1次元版ではコインの表裏を+1/-1に対応させていたが、今回は方角、つまり東西南北を縦軸と横軸に対応させる。実験では平面上に100万ステップ分をプロットしている。するとこんな図や、 こんな図になる。おもしろい。 以…