Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Fedora Core 3メモ

PC

インストールから設定までメモ

インストール

FC2までうまくいっていたSATA・PATA混在でのインストールがうまくいかないため,PATAを外してからSATAのRAIDアレイにインストールする.BOISの設定は

  • Advanced
    • Drive Configuration
      • ATA/IDE Configuration: Enhanced
      • Intel RAID Technology: Enabled (Disableでもいいのかもしれない)
  • Boot
    • Hard Disk Drives
      1. SATA
      2. SATA
      3. PATA

にする.

インストール後の設定

再起動してfirstbootにて諸々の設定をする際,SELinuxのせいでユーザ追加ができない.いったんOFFにしてから追加する.

yumはバージョンが上り,設定ファイルも変わった./etc/yum.repos.d/freshrpms.repo
として

[freshrpms]
name=Fedora Core $releasever - $basearch - freshrpms
baseurl=http://ayo.freshrpms.net/fedora/linux/$releasever/$basearch/freshrpms
enabled=1
gpgcheck=1

を追加する.DAGは/etc/yum.repos.d/dag.repoで

[dag] name=Dag RPM Repository for Fedora Core
baseurl=http://apt.sw.be/fedora/$releasever/en/$basearch/dag
enabled=0
gpgcheck=1

とする.FC3用パッケージがあやしいので様子見.

その他

mp3

freshrpmsにFC3用のgstreamer-plugins-extra-audioが無いのでmp3を再生することができない.freshrpmsのFC2用で良いのかもしれないけど,なんとなくSpecially instrumented RPMsのRPMを入れる.快適.

bash-completion

DAGのbash-completionはbashのバージョンが上がったためか,インストールできても動かないため公式ページ?にあるパッケージを使う.これまた快適.

Opera

FC3はimmodule for Qtのパッチがあてられているため,Shared QtなOperaでは日本語が入力できない.仕方なくStatic QtなOperaで我慢する.だけどこちらでも日本語入力ができなくなることがままある.不便.デフォルトのブラウザがFirefoxなので何とかなってはいるけど,やっぱりOperaの方が気が利いている部分が多く感じる.

xcompmgr

期待していたドロップシャドウを試す.ここを参考にする./etc/X11/xorg.conf

Section "Extensions"
    Option "Composite" "Enable"
EndSection

を追加して,xcompmgrをインストールする.

$ cvs -d :pserver:anoncvs@cvs.freedesktop.org:/cvs/xapps login
[No password needed, just press return]
$ cvs -d :pserver:anoncvs@cvs.freedesktop.org:/cvs/xapps co transset
$ cvs -d :pserver:anoncvs@cvs.freedesktop.org:/cvs/xapps co xcompmgr
$ cd xcompmgr
$ export PKG_CONFIG_PATH=/usr/X11R6/lib/pkgconfig/
$ ./autogen.sh
$ ./configure
$ make
# make install
$ cd ../transset
$ make
# cp transset /usr/X11R6/bin/

Xを再起動して

$ xcompmgr -cfC

とすると,うーんとんでもなく重い.fglrx入れなきゃ.

fglrx

FC2に引き続きデフォルトのままではfglrxでDRIを有効にできない.パッチをあてれば良いみたいだけどドライバのバージョンが上がる度にパッチを探してあてるのは面倒なので,カーネルの再構築をする.インストール成功.でも動きがあやしい.xorg.confを色々弄る.glxinfo,fglrxinfoで固まるのはなんでだろう.(non-DDC) ATI Radeon Driver for Linux HOWTOには

WARNING 2! (FC3/XOrg 6.8 related)

Fedora Core 3 ships with XOrg 6.8, which has a problem with the fglrx 3.14.1/3.14.6 drivers - namely, dri is broken (I think this is the right link to the bug describing this). So you *MUST* edit your xorg.conf to contain the following in the fglrx "Device" section:

Option "no_dri" "yes"
Hopefully the next fglrx release will fix this problem.

なんて書いてある.よくわからんけど気が向いたときにやりなおそう.