Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Gentooその後

PC

GentooATOK for Linux

ATOKはtarballのパッケージも入っているので,それでインストールする./etc/init.d/IIimと/etc/init.d/atokx2はこんな感じでしょうか
/etc/init.d/IIim

#!/sbin/runscript
#
# start/stop IIim daemon.

DAEMON=/usr/lib/im/htt
PIDFILE=/var/run/IIim.pid

ARGS=""

export JUSTSYSTEM_TRIGGER_SHIFT_SPACE=t

start() {
        ebegin "Starting deferred execution scheduler: htt"
        start-stop-daemon -b --start --quiet --pidfile $PIDFILE --exec $DAEMON -- $ARGS
        eend $?
}

stop() {
        ebegin "Stopping deferred execution scheduler: htt"
        start-stop-daemon --stop --quiet --exec $DAEMON
        eend $?
}

restart() {
        svc_stop
        sleep 1
        svc_start
}

/etc/init.d/atokx2

#!/sbin/runscript
#
# start/stop atokx2 daemon.

DAEMON=/opt/atokx2/sbin/atokx2mngdaemon
PIDFILE=/var/run/atokx2.pid

ARGS=""

start() {
        ebegin "Starting deferred execution scheduler: atokx2"
        start-stop-daemon --start --quiet --pidfile $PIDFILE --exec $DAEMON -- $ARGS
        eend $?
}

stop() {
        ebegin "Stopping deferred execution scheduler: atokx2"
        start-stop-daemon --stop --quiet --exec $DAEMON
        eend $?
}

restart() {
        svc_stop
        sleep 1
        svc_start
}

わけわからんままacpidとportmapを参考にして元のIIimとatokx2から作ってみた.たぶんこれでいいんじゃないかな.

GDMを使用しているためかクライアント側の設定を.xinitrcに書いても.gnomercに書いても反映されない..i18nも駄目.仕方なく.bash_prifileに/opt/atokx2/bin/atokx2_client.shの内容を書いた.

Direcrt Rendering

以前にも書いたRadeonでDRIを有効にする方法."gentoo radeon"でググる手取り足取り教えてくれるページがトップにきた.これはいい.
ポイントはカーネルオプションを弄るときにAGP Support(AGP)及び使用しているチップセットに対応した項目を*モジュールとして*組み込むこと.これでまたLooking Glassを試せる.

その他諸々

coldplugでブラックアウト

cldplugを有効にしていると,起動中コンソールがブラックアウトしてその後再起動するまでプロンプトが戻ってこなくなる.なんでだろう.というかcoldplugって何するんだろう.

Error stopping gdm

シャットダウン時にxdmがError stopping gdmとうるさいのはバグらしい./etc/init.d/xdm中のたった一文字を修正するだけでおとなしくなる.