Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

コンソールのキーマップ変更

PC

UNIX/Linuxセキュリティ実践講座のマシンはAの左隣がCaps Lockのため非常にストレスがたまる.ということでコンソールのキーマップを変更する方法.

locate jp106.map.gzする.Fedoraでは

/lib/kbd/keymaps/i386/qwerty/jp106.map.gz

Gentooでは

/usr/share/keymaps/i386/qwerty/jp106.map.gz

にある.

このファイルを適当なエディタで変更する*1.変更箇所は以下の通り.

keycode 58 = Caps_Lock -> keycode 58 = Control	
keycode 29 = Control   -> keycode 29 = Caps_Lock

最後に新しいキーマップを適用する.

loadkeys jp106

jp106.map.gzを変更するのではなく,新たにhoge.map.gzを作った場合はloadkeyだけではシャットダウンしたときに変更が破棄されてしまう.これを避けるにはもう一つファイルを変更する.

Fedoraでは/etc/sysconfig/keyboardを以下のように変更する.

KEYTABLE="jp106" -> KEYTABLE="hoge"

Gentooでは/etc/rc.confを

KEYMAP="jp106" -> KEYMAP="hoge"

とする.

ちなみにXでは/etc/X11/xorg.conf中の一行をコメントアウトするだけでよい.

*1:Vimではgzipのまま参照も編集もできる.素晴らしい.