Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

gauche-gtkのコンパイルでこける件について

プログラミング

昨日書いたとおり,gauche-gtkを使いたくてもGTK+が新しすぎるためかコンパイルでこけてしまう.こけるのはgtktoolbarのところ.どうしても使いたいのでgauche-gtkのアーカイブを覗いてみた.

src/README.hintによると基本的にはどのスタブも自動生成されるとのことなので,make stubしてファイルを更新してみたところコンパイルでこけなくなった.従ってgauche-gtk-0.4.1.ebuildのsrc_compile()にmake stubを追加すればよい.

49行目あたり

econf ${myconf} || die
emake stubs || die
emake OPTFLAGS="${myflags}" || die

ただし,今度はUSE="opengl"しているとgtkgl/以下のコンパイルでこけてしまう.このスタブも更新する必要があるのだが,こちらは自動生成ではないようなので,package.useで"dev-scheme/gauche-gtk -opengl"して応急処置した.修正は手作業が必要な模様.必要になることがあれば探ってみよう.