Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

アムトラックは遅刻常習犯

7/12。なんと5:30起床。風呂には入ったけど、またベッドカバーの上で寝ていた。今日はまた、ここを離れて次の街へ向かう日だ。

あまり早く朝食を取ると早く腹が減るので7:00頃にまたパン屋へ出かける。出かける際にロビーを見ると、ホテルにひとつだけある有料PCで、陽気な管理人が何かゲームに興じているようだ。「くそっ」とか行っているのが聞こえた。

今日はとても涼しくて快適。昨日のパンの隣にあったパンを頼んでみた。またサンハシントン広場で食べる。しばらくすると変な外国人(そういえばみんな外国人だった!というかむしろ自分が外国人なのか。)に話しかけられた。君はメキシカンか?だって。そんなに日焼けしたかな?時間はあったので話を聞いてみた。結局話はよくわからないけど、何かの勧誘だったらしい。よくここに来るのかとか聞かれたので、適当によく来るぜと答えておいた。バイバイした後、もらったパンフレットはミネラルウォーターのコースター代わりにした。

部屋に戻る際、管理人はまだPCゲームに熱中しているようだった。画面をよく見てみると、フリーセルにはまっているようだ。タイムを争うゲームは中毒性があるらしいね。

さて、ここで大きな問題がある。チェックアウトとは今日の13:00。アムトラックの出発時刻は17:55分。その前に昨日発覚したチケット払い戻し問題の結論を聞きにアムトラックの駅まで行く必要がある。汗疹のことを考えるとあまり日差しにあたりたくない。結構症状がひどいのだ。

仮に今チェックアウトして、全ての荷物を持っていって、荷物を預かってもらえれば、駅とホテルの間にある図書館で快適に過ごせる。荷物を預かってもらえないのであれば、ホテルで預かってもらって、図書館で過ごし、またホテルに戻って駅まで行く。うーん。エルパソの駅は何時間も前から預かってくれるのだろうか。隣の部屋のテレビがやけに陽気な音楽を流している。うるさい!よくチケットの袋の説明書を読んでみたら、荷物のチェックインに時間の制約はないようなので持って行くことにした。

ホテルをチェックアウトする際、まだ管理人はPCで遊んでいる。今度はシューティングっぽい画面だった。僕がカウンターに行くと、「ちょっと今良いところなんだよ」という顔をしたのを僕は見逃さなかった。

駅に着き、件の問題について聞いてみた。何をするのかと思ったら、尋問が始まった。え?僕が説明する番だったの?

駅でどういうやりとりをしたのかとか、どうしてネット経由でチケットを買ったのかとか、根掘り葉掘り聞かれた。僕は綱対英語で必死に説明するも、相手の顔は曇っている。あまり通じていないのかもなあ。なんだかダメな気がしてきたぞ。

と思ったら、話は一転して返済してくれるそうだ。なんだそれ!結局、「僕の英語力のなさを確認して、きっとニューオーリンズで手違いが発生したんだろう」と判断されたのかな?まあいいか。

返済手続きを終え、全て片づいたところで、ありがとうとごめんなさいを言うと、相手の顔色が変わった。どうやらここで謝られるのが意外だったらしい。「謝ることなんてないさ。当然のことだろ。だって君はレイルパスを持って居るんだから。私たちは君を助けるよ。」みたいなことを言われた。泣かせてくれるじゃねえか。まあ、当然だがな!

気分もすっきりしてEl Paso Public Libraryへ。日記をちょっと書いて、はてなスターの盛り上がり具合に嬉しくなって昼飯にする。今日はサブウェイに再挑戦する。今度は普通サイズで、照り焼き味。メニューにteriyakiって書いてあったよ。日本語だ。挟む野菜はeverythingと行っておいた。あんまり野菜食ってないからなあ。ソースにはよくわからない赤い透明なソースをお願いしておいた。そこそこおいしいじゃん。これならFOOTLONGでもいけそうだ。

その後、電車の中で食べるパンを買って、再び図書館へ行く。今度は読書と次の目的地の調査をする。この街は交通が発達しているから便利そうだなあ。ただ、ホテルの予約をしていないのと、到着が明らかに日が落ちてからなのが気になる。でもきっと大丈夫。でかいホステルがあるらしいので、そこに泊まろう。

さて、そろそろ駅に行くか。その前に命のミネラルウォーター(1L)を買いに行かなくては。ここら辺はスーパーがなくて、大きいボトルの水を手に入れにくい。適当にあたりをつけて歩いていくと、小さな商店で売っていた。店員は中国人風。

これでOK。駅へ向かう。夕方はかなり暑いなあ。

電車は17:55発予定だけど、もちろんこない。18:00頃、やっと電車がくる。なかなか優秀じゃないか。そう思ってチケットを切ってもらおうとすると、これは違う電車だよといわれる。ええええ!

近くの客に、この電車は19:00頃にくるらしいと教えてもらう。ありがとう。こういう不測の事態が起こるととても不安だ。なんと言っても説明の英語を聞き取れないのが痛い。今回は夜遅くにホテルを探す必要があるからなおさらだ。

エルパソは日が暮れてくると風が強くなるらしい。駅の中まで強い風が吹き込んでくるもんだから、ホコリが舞っている。そういえばと待っていたホテルも窓がガタガタうるさいので、石けんを取り出した後の包み紙を丸めてサッシに詰め込んだんだ。風の街だね。ハードコンタクト使用者にはつらい。といっても最近ずっとメガネだ。おかげでメガネ焼けしてしまった。ああ。乗り継ぎうまくいくかなあ。

電車は遅れに遅れ、結局21:00頃出発。3時間近くの遅れだ。次の目的地はサンフランシスコ。途中ロサンゼルスでバスに乗り換えBakersfieldまで行き、そこからEmeryvilleまで電車、そこからサンフランシスコまではまたバスに乗り換える予定。合計26時間くらいの長旅だ。

晩飯にはさっき買ったパンとコーヒーで流し込んだ。朝飯みたいなメニューだ。でもラウンジカーで雷を見ながらのご飯はなかなか良いもんだ。