Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

函数プログラミングの集いに参加してきました

毎年、OCamlミーティングというイベントが開催されているそうなのですが、今年はICFPが東京で開かれることもあり、OCamlに限らない関数プログラミングのお祭りとして開催された「函数プログラミングの集い」に参加してきました。

参加者の使用言語の分布が知りたかったので、イベント当日にアンケートを採りました。180人程度の参加者のうち73人の方に協力していただきました。ありがとうございました。

気になる結果はというと、こんなふうになりました。

やはりHaskellユーザが多かったようです。

個人的に面白かったところは

  • tanakhさんのモナドチュートリアルが実践的で良かった
  • SML#とCの相互運用性の高さに驚いた
  • OCamlのモジュールについて勉強したいなと思った

などなどでした。

発表の資料は函数プログラミングの集い2011にまとまっています。ちょっと長すぎてみる気が起きませんが、Togetterまとめもあるようです。