Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

GitHubと連携するチャットサービスGitterが便利そう

普段使っていないメールボックスを覗いてみたら、Gitterからベータテストの招待状が届いていたので使ってみた。

f:id:maoe:20140117200918p:plain

使い方は簡単で、GitHubのOAuthでログインして自分のプロジェクト名をクリックするだけ。これでもうチャットルームが作られて、使えるようになる。

f:id:maoe:20140117202652p:plain

記法はGitHub flavouredなmarkdownが使える。GitHub Issuesとも連携しているので#と打つとissueの補完ができる。

f:id:maoe:20140117200929p:plain

さらにチャットルームの歯車アイコンからポチポチするだけでGitHub上でのコミットやコメント等の動きをチャットルームに流せる。.travis.ymlを弄ればTravis CIのビルド結果も流れるようになる。

f:id:maoe:20140117200925p:plain

この記事を書いている時点では

に対応している。詳しいドキュメントはまだ無いようなので、公式ブログを覗いてみるのがいいと思う。GitHub OAuthでどうして書きこみ権限が必要かの釈明も書いてある。

問題なのは、こんなに簡単にコミュニケーションツールがセットアップできても、肝心の人が集まるようなソフトウェアを書いてないことなので、まあぼちぼちがんばろう。